緩和ケア市民公開講座 庄内プロジェクト~地域で支えるがん緩和ケア~

緩和ケア市民公開講座 庄内プロジェクト~地域で支えるがん緩和ケア~

◎タイトル 緩和ケア市民公開講座 庄内プロジェクト~地域で支えるがん緩和ケア~
「命はそんなにやわじゃない」
◎日時 平成25年11月16日(土)開場13時・開演13時30分~
◎会場 鶴岡市中央公民館 
市民ホール鶴岡市みどり町22-36
◎プログラム 13:00       開場
13:30       開会
13:30~13:35  主催者あいさつ (南庄内緩和ケア推進協議会 会長 三原 一郎)
13:35~13:40  来賓あいさつ   鶴岡市
13:40~14:00  報告「庄内プロジェクト紹介」
(緩和ケアサポートセンター鶴岡・三川 センター長 鈴木 聡)
14:00~14:30  講演「命はそんなにやわじゃない」
(命のマガジン「メッセンジャー」編集長 杉浦 貴之 氏)
14:30~14:40  休憩
14:40~15:40  トーク&ライブ
(シンガーソングランナー 杉浦 貴之氏)
15:40~15:45  閉会の挨拶
(鶴岡市立荘内病院 院長 三科 武)
◎講師プロフィール 杉浦貴之氏
1971年愛知県生まれ、愛知県岡崎市在住。
1999年、28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」。しかし両親の命懸けの思いを受け、病床で「がんを絶対に治す」と決意。2005年1月、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、夢を叶えたことで見違えるほど元気になる。そして、オリジナルソングをトーク&ライブで歌うようになる。
たくさんのがん患者、家族、サポーターたちとともにホノルルマラソンに参加し、2010年、2011年、参加者全員完走・完笑!「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」「24時間テレビ」などにも出演。トークライブ、学校での講演、メッセンジャーの取材と全国を駆けまわっている。
2011年12月「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版)を出版。●ホームページ:http://www.taka-messenger.com/
◎整理券取り扱い場所 [10月25日(金)より配布開始]
鶴岡市立荘内病院/鶴岡市役所/にこ♥ふる/藤島庁舎/羽黒庁舎/櫛引庁舎/朝日庁舎/温海庁舎(各市民福祉課)/三川町役場(健康福祉課)/鶴岡市中央公民館/鶴岡地区医師会/鶴岡協立病院/あかね薬局/みどり薬局/ツルオカ薬局病院前店・元気元気店/「からだ館」がん情報ステーション/酒田市民健康センター/日本海総合病院/主婦の店(バル店・IZUMO新斎店・E:ne駅前店・南店・美原店)/S-MALL
※当日は無料ですが入場整理券が必要です。
◎主催・共催・後援  
主 催 : 南庄内緩和ケア推進協議会
共 催 : 鶴岡市、三川町、鶴岡市立荘内病院、鶴岡地区医師会
後 援 : 鶴岡地区歯科医師会、鶴岡地区薬剤師会
 ◎お問い合わせ  
鶴岡市立荘内病院内 緩和ケアサポートセンター鶴岡・三川 
TEL:0235-26-5180

命はそんなにやわじゃない

チラシはこちらからダウンロード命はそんなにやわじゃない