[山形県庄内発!こころを元気にするプロジェクト2016]いのちとこころを考える(連続講座)第1回

[山形県庄内発!こころを元気にするプロジェクト2016]いのちとこころを考える(連続講座)第1回

◆タイトル いのちとこころを考える(連続講座)第1回
~自殺予防 みんなで生きるために私たちにできること~
◆目的 自殺は一部の人の「個人の問題」から「社会的な問題」になってきています。身近な地域の中でも、友人・知人・家族を自殺で亡くした人や、「自殺を考えたことがある」と言う人が増えている今、行政や専門機関だけでなく、誰もが自殺の問題を自らの問題としてとらえ、自殺予防の主役となれるように、いのちとこころの大切さを学び、一緒に考えます。

◆日時 平成28年12月11日(日)
13:30~16:30
◆会場 酒田市地域福祉センター(酒田市新橋2-1-19)
◆対象 いのちとこころを大切にしたいと想う方、関心のある方ならどなたでも
◆定員 50名
◆参加費 無料
◆プログラム [基調講演]13:40~14:40
「自殺予防みんなで生きるために私たちにできること」
【講師】
あきた自殺対策センター
NPO法人蜘蛛の糸
理事長 佐 藤 久 男 氏
<プロフィール>
1943年、秋田県森吉町に生まれる。秋田県職員を経て、不動産鑑定事務所等経営、その後倒産。2002年に友人の経営者の自殺を契機に中小企業経営者の自殺防止を目的にNPO法人蜘蛛の糸を立ち上げる。2006年、自殺予防民間団体「秋田・こころのネットワーク」を設立。民間主導型「秋田モデル」を推進して秋田県の自殺者半減に貢献する。著書「死んではいけない」(ゆいぽーと)、「自殺防止の灯台論」(熊谷印刷)、関連図書「あなたを自殺させない」(新潮社中村智志著)等著書多数。2015年5月9日にNHK「プロフェッショナル」~仕事の流儀~で活動が放映される。

[ワールドカフェ]14:50~16:30
~ワールドカフェという話し合いの手法を使って~
自殺予防について「みんなで生きるために私たちにできること」を考えます
【ファシリテーター】
NPO法人あきたNPOコアセンター
理 事 稲 村 理 紗 氏
<プロフィール>
まちづくりファシリテーター。1979年生まれ。秋田市出身。秋田南高校卒業後、新潟大学に進学。社会教育や生涯学習を学ぶ傍ら、市民活動や、まちづくりワークショップ等に関わる。2005年に秋田市の市民活動支援アドバイザーに就任。市民活動に関する相談業務や講座の企画に従事(2015年夏に退職)。また、2009年にNPO法人あきたNPOコアセンターの理事に就任。2015年秋より山形市に移住。東北を中心に、まちづくりワークショップのファシリテーターや研修講師に従事している。

◆主催 特定非営利活動法人 ぼらんたす
山形県庄内発!こころを元気にするプロジェクト2016
◆申込みについて FAXまたは電話、MAILにて申込みください。
◆申込み・問合せ先 特定非営利活動法人 ぼらんたす
TEL&FAX:0235-33-8730(平日10:00~17:00)
E-Mail:info@voluntas-npo.com

いのちとこころを考える
詳細はこちら➡チラシ表
申込みはこちら➡チラシ裏